標高差で楽しむ北杜の桜

4月になりました。

先月よりもコロナウィルスは勢いを増し、当面、収まる気配はありません。

こちら北杜市では毎日、自宅待機の呼びかけが一斉放送で流れています。

いち早く終息する事を望むばかりです。

農場周辺では4/20に桜が満開となりました。

北杜市は標高の高低差があるので、4月の上旬から下旬まで1か月ほど桜が楽しめます。

来年は笑顔で各所のお花見ができる事を祈るばかりです。

畑の作業は屋外が中心なので変わらずに行っています。

自然は待ってくれないので、季節に応じた作業を適宜判断し行っています。

今月は苗の管理と畑への肥料撒き、トラクターでの耕耘をしました。

トラクターの耕耘をしていると、どこからともなくヒヨドリが寄ってきます。

耕耘され地表に出た虫たちを食べにきているのか、口ばしで忙しく土を掘り起こしています。

場所にもよりますが多い時には7~8羽の鳥たちが来て、畑がとても賑やかになります。

人の営みは静かですが変わらずに息づく春の花や動物たちを見ていると、元気づけられます。

来月は霜の心配がなくなる中旬以降に種まきや苗の植え付けを行う予定です。

5月の作業予定

管理作業:種まき・苗の植え付け